EN/JP

PRODUCT RESERCH

詳細

剛性補強絶縁シートD461·D461Sは、ノートパソコンなど機構部品の軽量化·剛性補強を目的として開発されたマイカシートです。D461SはD461の表面平滑性を改善した製品です。

特徴
  • (1)優れた強度を持ち、衝撃を与えても破片の飛散が有りません。
  • (2)圧縮強度の高い材料であり、反り、うねりが非常に少なく、薄型化·軽量化の設計が可能です。
  • (3)加工性に優れているため、切断·切削および打抜加工が容易に出来ます。
  • (4)UL94-V1取得しております。(D461=1mm~ D461S 0.3mm~)
  • (5)D461Sは滑らかな表面をしており、ガラスの様な質感があります。
用途
  • (1)ノートPC用剛性補強板
  • (2)タッチパッドの誘電体
構成および標準寸法
D461 D461S
マイカ 硬質集成マイカ
接着剤 エポキシ
標準厚さ(mm) 0.20~20.00 0.30~1.0
標準寸法(mm) 600×1000

上記にない厚さもカスタム対応可能です。

特性
D461 D461S
呼び厚さ mm 0.55 0.50
見掛け密度 kg/m3 2.2×103 2.5×103
絶縁破壊の強さ kV/mm 56 54
絶縁抵抗 常態 2000以上 2000以上
表面抵抗率 Ω 7×1014 1×1015
誘電率 60Hz F/m 4.0 5.9
1MHz 3.9 5.2
誘電正接 60Hz % 1.4 0.7
1MHz 0.5 0.5
曲げ強さ MPa 418 483
曲げ弾性率 GPa 55 77
熱伝導率 W/m·K 0.42 0.43
表面粗さ(Ra) μm 0.62
耐アーク性 s 181 181
耐トラッキング性(CTI) V 600
燃焼性 94V-1(t1.0mm以上) 94V-1(t0.3mm以上)
94V-0(t5.0mm以上)

※測定方法は、JIS C 2116およびJIS K 6911に準拠した。
※上記特性は、測定値の一例であり保証値ではありません。